みなさんこんにちは!
上本町校 校舎運営チームの山野です。
私は高校グリーンコースを担当しています。
今回は、グリーンコースの授業を運営する一日を紹介します。

13:00 出勤
グリーンコースの授業は夕方に始まるので、授業運営の日は出勤時間が遅くなります。


14:00 授業準備
生徒への配付物を準備し、座席表を確認します。
配付物は全員に行き渡るよう、一人一人に用意している封筒に入れていきます。
また、グリーンコースには日々新規生が入ってくるので、毎週座席表を見直す必要があります。
これらの準備に意外と時間がかかりますが、スムーズな授業運営のために必要不可欠な業務です。


16:00 休憩
上本町周辺は、飲食店やコンビニが充実しています。
この時間ということもあり、どこも空いています。


17:00 講師との打ち合わせ
授業担当講師に挨拶し、打ち合わせをします。
生徒の出欠状況、成績などを共有します。
初めのころは、講師と話すのも緊張してしまっていましたが、この打ち合わせは生徒の学習状況を知る貴重な機会なので、積極的にコミュニケーションをとるようにしています。
また、学校が終わった生徒が登校してくる時間でもあるので、窓口対応も忙しくなります。


19:00 デスクワーク
授業が始まって窓口も落ち着けば、ようやく自分の仕事に取りかかります。
この日は、アルバイト研修とイベントの準備を進めました。
研修等を通じてアルバイトを指導するのも校舎スタッフの仕事です。
生徒募集のチャンスであるイベントを成功させるには、入念な準備が不可欠です。


21:30 授業終了
授業が終わると、答案処理など重要な業務が発生します。
帰りに窓口に寄る生徒も多く、再びバタバタと慌ただしくなる時間です。


校舎運営というと、生徒の進路指導というイメージが強いかもしれませんが、業務の幅はかなり広く、覚えることもたくさんあります。校舎においては一日として同じ日はなく、本当に慌ただしく毎日が過ぎていきます。
そんな忙しい毎日ですが、大変なことばかりではなく、やりがいを感じられることも多いです。中でも一番嬉しいのは、やはり生徒や保護者様に相談してもらえたときです。私のことを信頼して相談してくれているのだと思うと、もっと頑張ろうと思えます。


少しは校舎運営のイメージが伝わったでしょうか?
次回は中部営業部の金子さんです!