こんにちは!
河合塾人事部 採用担当です。
今回からは職種別に具体的なお仕事内容をご紹介していきたいと思います。
まずは、全国の各校舎で多くの方が活躍している
河合塾の顔、「校舎運営」の仕事をご紹介します。
■校舎運営
河合塾の中で携わっている職員が一番多いのはこの職種で、
生徒と深く関わり、その生徒の将来に影響を与える、教育機関ならではの仕事です。
新卒採用の皆さんも、多くの方が校舎配属となります。

校舎運営の仕事内容は、
河合塾を選び、入塾してくれた生徒のクラスチューターとして、担当生徒の進路指導を行います。

「チューター」、「チュートリアル」そんな言葉を聞いたことのある方も多いと思います。
チューターを一言で表せば、
「高校の先生-(マイナス)授業」+豊富な大学受験知識
といったところでしょうか。

週1回のチュートリアル(=ホームルーム)で受験に必要な情報を提供したり、
年に数回の面談や、日々のコミュニケーションを通して、
進路や学習スケジュール、生活状況を確認したり。

大学受験のプロフェッショナルとして、生徒を第一志望合格、夢の実現へと導きます。

担当生徒の志望大学合格報告や、感謝の言葉がとても嬉しい仕事です。

でも、「校舎運営=チューター」ではありません。
また、関わるのは「生徒だけ」ではありません。

お客様のニーズをキャッチして、講演会や保護者会といったイベントを実施したり、
一人でも多くの方に河合塾を知ってもらえるよう、体験授業やセミナーを企画、運営したり、
保護者や、まだ河合塾に通っていない一般のお客様、
高校や大学の先生との接点も多い職種です。

それから、
たくさんの大学生・大学院生のアルバイトスタッフの指導や管理も大事なお仕事。
また、講師と連携して、より魅力ある授業をプロデュースしたり、生徒一人ひとりの学習指導の方針を考えることもあります。

校舎運営の仕事は、お客様と日々接することで、直接サービスを提供し、
生の声を聞くことのできる「河合塾の窓口」であり、
ニーズをキャッチする情報収集拠点として、重要な役割を担っています。

お客様のニーズを敏感にキャッチする感性、
そして、ニーズを次世代の教育サービス創造へとつなげる
想像力のある方の応募をお待ちしています!
第1期のエントリーシート締切は3月28日(木) 河合塾人事部必着です。
皆様のご提出お待ちしております!