河合塾 採用情報ブログ

2019年03月 の記事一覧

河合塾の仕事って?<営業編>

2019年 03月 29日 10:00

みなさん、こんにちは!
河合塾人事部 採用担当です。
さて、今回、前回に引き続き仕事紹介の第2弾。
河合塾の情報力、教育ノウハウなどを全国47都道府県へ届ける、「営業部」の仕事をご紹介します。

■営業
河合塾の事業は、校舎を拠点にし、生徒を大学受験合格へ導く...
だけではないことは、既にお伝えしました。
では、河合塾の校舎がない県にいる、大勢の生徒には、河合塾はサービスを提供できないのでしょうか?
そんなことはありません!
そのような、全国47都道府県の高校の窓口になっているのが、河合塾の営業部です。
では、河合塾の営業って...だれに何を売るの?というギモンが出てきますよね?

「模擬試験や教材を高校に販売する」というのも大切な仕事の一つですが、
商品を売るだけの営業とは異なり、さまざまな活動をしています。

河合塾は、最新の入試情報や、受験動向などの情報を把握・分析し、商品やサービスに反映させています。
では、その元となる受験動向のデータは、主にどこから得ていると思いますか?

それは、模擬試験の結果から
です。
皆さんの中にも、「全統模試」を受験されたことのある方も多いかと思いますが、
河合塾の模擬試験は、実は全国最大規模
で行われています。

「受験者が多い = 正確で豊富なデータが得られる」
ので、河合塾の模擬試験からは、どこよりも良質な情報が得られるのです。

そのため、営業の仕事は、模擬試験を高校に売るだけではなく、
模擬試験で得た情報を、高校の先生へ還元することも、大切な業務となってきます。
模試の受験生がいなくては、河合塾の情報力は成り立ちませんからね。

また、必要に応じて学校単位で生徒・保護者向けに、講演会を企画・運営したり、
校舎と連携をして、河合塾の大学受験科(既卒生コース)に通う
(高校側にとっては)卒業生の状況を報告したりと、様々な形で情報提供をしていきます。

その積み重ねで築かれた高校との深い信頼関係の中で、模擬試験だけでなく、
生徒指導に役立つ河合塾の出版物やサテライト講座、河合塾の講師による出張授業、
更には、卒業後の生徒の予備校選択にまで、ビジネスのフィールドを広げています。

高校に通う生徒のために、河合塾はどのような提案・支援ができるか
一緒に考えていける方は営業部にぴったりの人材です!

高校の先生方と一緒に、高校の、ひいては生徒のキャリア教育や、志望校合格を実現できるのが、河合塾の営業という職種なのです。

河合塾の仕事って?<職種紹介>

2019年 03月 25日 17:42

こんにちは。
学校法人河合塾人事部 採用担当です。
河合塾の職員に興味を持っていただいたみなさんにとって、
一番気になるのは、やはり...
「一体どんな仕事をするの???」ということではないでしょうか?

というわけで、
今回からは職種、そして具体的な仕事内容をご紹介したいと思います。
今日は導入編として。

「河合塾」って、「塾」?

→「学習塾?」
  「仕事は講師?」 「勉強を教えるの?」
 「教員免許は必要?」
  「毎日夜遅くなるの?」 「お休みはなかなか取れない?」
教育業界に、上記のようなイメージを抱く方もいるのではないでしょうか?
まず大前提!
学校法人河合塾の総合職採用は、

塾講師ではありません!
勉強を教える仕事ではありません!

一言で言えば、
教育に関わる商品・サービスを考え、提供していく仕事です。
また、河合塾に通ったことがある方は、 自分がサービスを受けた体験から、
「河合塾の職場」 = 「校舎?」
というイメージも強いと思います。

もちろん校舎は河合塾の顔。情報やサービスの発信拠点です。
まずは、多くの方に校舎での勤務を経験していただきます。
しかし、校舎で働く職員は、総合職全体の約3割。
校舎で提供するサービスを企画・制作・運営する為に、
校舎以外でもたくさんのスタッフが働いています。
まずは拠点での経験を積み、その上で、
よりマクロな視点で、サービス開発などに携わっていく。
その点は、拠点を持ちサービスを提供している、
小売業や金融業など、他の業種とも共通する部分があるのではないでしょうか?
また、河合塾ではさまざまな部署に分かれ、専門性を高めつつ、組織的な事業運営をしています。
お昼に授業を行う高卒生と、夕方から夜間にかけて授業を行う高校生の
両方を対象としているため、
毎日のように夜遅い時間まで働いたり、お休みがなかったり...なんてこともありません。
年間休日は約125日。
しっかりと自分の時間も大事にしながら、仕事に臨んでいただける環境です。
職種は、校舎運営、商品企画、教材作成、教育研究、営業、コーポレート部門などなど。

入社時に「営業コース」や「開発コース」など、キャリアパスを決めることなく、
いろいろな職種を経験するチャンスがあることも、
河合塾で働くことの魅力の1つだと思います。

次回からは具体的な職種の仕事をご紹介します。お楽しみに!

河合塾の仕事って?<校舎運営編>

2019年 03月 25日 10:00

こんにちは!
河合塾人事部 採用担当です。
今回からは職種別に具体的なお仕事内容をご紹介していきたいと思います。
まずは、全国の各校舎で多くの方が活躍している
河合塾の顔、「校舎運営」の仕事をご紹介します。
■校舎運営
河合塾の中で携わっている職員が一番多いのはこの職種で、
生徒と深く関わり、その生徒の将来に影響を与える、教育機関ならではの仕事です。
新卒採用の皆さんも、多くの方が校舎配属となります。

校舎運営の仕事内容は、
河合塾を選び、入塾してくれた生徒のクラスチューターとして、担当生徒の進路指導を行います。

「チューター」、「チュートリアル」そんな言葉を聞いたことのある方も多いと思います。
チューターを一言で表せば、
「高校の先生-(マイナス)授業」+豊富な大学受験知識
といったところでしょうか。

週1回のチュートリアル(=ホームルーム)で受験に必要な情報を提供したり、
年に数回の面談や、日々のコミュニケーションを通して、
進路や学習スケジュール、生活状況を確認したり。

大学受験のプロフェッショナルとして、生徒を第一志望合格、夢の実現へと導きます。

担当生徒の志望大学合格報告や、感謝の言葉がとても嬉しい仕事です。

でも、「校舎運営=チューター」ではありません。
また、関わるのは「生徒だけ」ではありません。

お客様のニーズをキャッチして、講演会や保護者会といったイベントを実施したり、
一人でも多くの方に河合塾を知ってもらえるよう、体験授業やセミナーを企画、運営したり、
保護者や、まだ河合塾に通っていない一般のお客様、
高校や大学の先生との接点も多い職種です。

それから、
たくさんの大学生・大学院生のアルバイトスタッフの指導や管理も大事なお仕事。
また、講師と連携して、より魅力ある授業をプロデュースしたり、生徒一人ひとりの学習指導の方針を考えることもあります。

校舎運営の仕事は、お客様と日々接することで、直接サービスを提供し、
生の声を聞くことのできる「河合塾の窓口」であり、
ニーズをキャッチする情報収集拠点として、重要な役割を担っています。

お客様のニーズを敏感にキャッチする感性、
そして、ニーズを次世代の教育サービス創造へとつなげる
想像力のある方の応募をお待ちしています!
第1期のエントリーシート締切は3月28日(木) 河合塾人事部必着です。
皆様のご提出お待ちしております!

ここが好き!入社後に気づいた、河合塾の魅力は?Part2

2019年 03月 18日 10:00

こんにちは!河合塾人事部 採用担当です。


前回に続き、若手職員に聞いた
「ここが好き!入社後に気づいた、河合塾の魅力は?」をお届けします!

●早くから責任のある仕事を任せてもらえるところです。
 「新人だから、仕事を任せられない」と言われることはまずないです。

●思いやりの心を持って対応する職員が多いことです。



●新人だからといって「業務をただこなしていく」のではなく、「考え、意見を出していく」。それができる場所です。



●信頼関係構築が事業の基本であり、 職員も皆人間的に成熟した方が多いため、 職場内、対外的にも良好な人間関係が築かれている。 様々な部署があり、様々な経験を通じて自己成長できる。

●「人」だと思います。 もともと誰かを成長させるために教育の仕事をしたいと思っている人が多いので、人として魅力的な人ばかりです。
 仕事内容はもちろんですが、職場環境にもとても満足しています。

●チーム全体でものごとについて考え、 チーム内で困っている人がいればフォローをしてくれるところ。

●1年目からやりがいのある仕事を任せられること。
 それを支えてくれる豊富なデータと経験豊かなスタッフが近くにあること。

このような声がとても多かったです。
また、「やりがい」「成長」というキーワードもたくさん聞かれました。

ご紹介したものの他にも「『こうなりたい』と思える先輩が多い」、
「努力も評価してもらえる」という声もありました。

向上心を持って業務に取り組む為にも、
職場で自分の力を十分に発揮する為にも、
これはとても大切なことですよね!!


仕事を通してどんどん成長したい方には、
河合塾はとても良いところだと思います!



採用説明会では、教育業界全体のことから河合塾の歴史、今後の展望、それから皆さんが気になる採用に関するのことまで...
人事部のスタッフが、わかりやすくご説明致します!
若手職員への取材映像もご覧になれます。


3月の採用説明会も残りわずか。

まだご参加いただいていない方は是非お越しください!!

ここが好き!入社後に気づいた、河合塾の魅力は?Part1

2019年 03月 15日 10:00

こんにちは、河合塾人事部 採用担当です。
さて!今回のテーマは、

「ここが好き!入社して気づいた、河合塾の魅力は?」

実際に河合塾で働いている、若手職員の声をお届けします。


●高校や大学、マスコミなど、社会からの信用があり、また期待値が高いところ

●質の高い教育を追求するための情報、ツール、人材など、 経営資源が豊富であるところ

●職員一人ひとりが、教育に対する熱い思いを持っており、生徒を合格させることに真摯に向き合っているところ

●携わっている仕事の一つ一つが顧客(学校教員・生徒・保護者)のためになる、と日々実感できること

●自分の言動が、人の人生を大きく変え、影響を与える可能性があること
  (河合塾に通う生徒にとどまらず、高等学校での講演会で数百人を相手に、 講演会を行うなど、影響力は多方面)

●受験生の志望動機を重視した受験指導を行うことを 大きな方針として掲げていることが、一番の魅力だと思う
  (決して、受験生の望まない偏差値上位の大学を薦めたりはしない) 
 
●生徒一人ひとりのために努力を惜しまない、細やかなサポートをするところ

河合塾は「一人ひとりの未来に貢献します」という使命のもと、志を一にするメンバーが集まり、チームワークを大切にしながら日々、仕事をしています。

教育的価値を提供することは、誰のためか?

「一人ひとりの未来のため」を思いながら、ひいては「将来の社会のため」であるはずです。

世の中にはさまざまな種類の仕事があり、自分の思いと、会社の利益や、

目の前の業務で求められることは、必ずしも一致するとは限りません。

もちろん、河合塾にも多くの職種があり、れぞれの職員が、専門性を磨きつつ、部署間で連携をしながら、事業運営をしています。

しかし、教育の本質を突き詰めていくと、ベクトルは同じところへ向かいます。
「自分の気持ちに素直に」働ける環境が、
会社に、そして社会に求められることに、直結している。
これって、毎日仕事をする上で、とても幸せなことですよね。

仕事を選ぶことは、一日の大半を「何をして過ごすか」、
そして、将来にわたり「どういう自分でありたいか、自己実現をする場」を選ぶことでもあります。

就職活動を通して、ぜひ、自分の人生観も、あらためて見直す機会としていただければと思います。

センパイ内定者が語る『就活必勝法』Part3

2019年 03月 11日 10:00

こんにちは。

学校法人河合塾人事部 採用担当です。

今回も引き続き『就活必勝法』です。

頑張る皆さんを応援すべく...今回は【エントリーシート・面接編】をお届けします。

■長く続けてきたものがなく、アルバイトやゼミの話だけでは不安だった。

→話の内容以上に自分らしさが伝わる"話し方"をするのが重要だと

 気づいてからは、就活本などは読まず、リラックスして面接に臨むようにした。

■エントリーシートや面接で、企業が求めている人材に自分を合せようとしていため、どれだけ準備していても実際の面接では論点がずれてしまったりなど、上手くいかなかった。

→企業に自分を合せるのではなく、自分の考えや思っていること、

 感じていることをそのまま伝え、ありのままの自分を必要としてくれる企業に

 出会えることを信じて就活を進めた。

 そうする事で、面接での緊張や不安も薄れ、結果もついてくるようになった。

■面接で落ち続けたこと。

→毎回面接を振り返り、必ず1つ反省点を見つけ、次の対策へとつなげた。

 何よりも相手の立場に立つことを忘れがちであったため、その点に気を付けた。

■自己PRが上手くできず困った。

→最初はその原因が自分のエピソードの少なさやインパクトのあるエピソードが

 無いことだと思っていた。

 しかし就活を進めていく中で、企業が求めているのは「すごい経験」ではなく、

 自分がそのエピソードの中でどのように考え行動したかであることに気が付いた。

 エピソードではなくエピソードの中の自分についてアピールすることで

 面接が上手くいくようになった。

いかがですか?

エントリーシートや面接、悩まない人はいないと思います。

早めに対策を練って、乗り切りましょう!

それから...リフレッシュの方法も大切ですよ!

「いかに自分の力を精一杯出せる状態を作るか」

当日、万全の状態で本番に臨むという点は大学受験と同じです。

体調管理はもちろん、精神的な部分の管理にも気を使ってくださいね。

センパイ内定者が語る『就活必勝法』Part2

2019年 03月 08日 10:00

こんにちは!
学校法人河合塾 人事部 採用担当です。

本日も採用説明会を実施しております。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございます!
まだの方は、ぜひ早めにご予約をお願いします。

さて、前回に引き続き『就活必勝法!』
今回は【自己分析編】をお届けします!


■就活中、「自分が本当にやりたい仕事が何なのか」分からなくなった

→就活当初は食品メーカーを中心に選考に臨んでいたが、

 思うような結果が出ず、この葛藤に陥った。
 思い切って業界の幅を広げ、先入観を持たず、いろいろな説明会に参加した。
 
 すると、就活を始めたばかりの学生の自分が
 「この業界はこんな特徴があり、こんな仕事を行っている」
 と思い込んでいたことを、いい意味で裏切られることの連続で、
 さまざまな業界に興味を持てた。
 
 いろいろな業界・職種と触れる中で、
 「モノではなく、人にかかわる仕事をしながら、社会に貢献できる仕事がしたい」
 と方向性を定め直すことができた。

■自分がどのような人間か、何に向いているのかなどについて
 一人でどれだけ考えていても答えが出なかった
 

→両親、兄妹はもちろんのこと、大学・高校の友人に、
 恥をかくことを恐れずに「自分をどう思うか、どんな特徴があるか」聞きまくった。
 
 自分と気が合う人だけではなく、ゼミやサークルの普段はあまり親しくない
 メンバーにも意見を求めた。
 そうすることで、周囲から「相対的に」どう見られているか、認識することができた。
 きっと面接官も、学生を相対的に判断すると思うので、とても良い視点を得た。 


 皆さんも、同じような悩みを感じているのではないでしょうか?
 見事、内定を手にした先輩たちも、悩みながら成長し、就職活動をしていたんですね。

 内定を手にしたセンパイに共通しているのが、

「悩みながらも、まずは行動をしている点」

 考えて答えが出ないからといって、
 「ネットに向かい情報収集をするだけ」
 「自分の方向性が決まってから行動しよう」では
 あっという間に面接を迎えてしまいます。

 まさに、百聞は一見に如かず。
 卒業間近の大学生のセンパイ、若手社会人など、
 直接、人に会い、行動に移してこそ、得るもの、感じることも大きいはず。

 センパイたちを見ていると、
 就活を通じて、皆さん一回りも二回りも成長しているようです。
 
 頑張った分だけ「糧」になるはず。

 ぜひ就活を楽しみながら、積極的にチャレンジして下さいね!

センパイ内定者が語る『就活必勝法』Part1

2019年 03月 04日 10:00

こんにちは!
学校法人河合塾 人事部 採用担当です。

3月になり、就職活動が本格的に始まり、
大学内の合同企業説明会やリクナビLIVEなどに足を運び、
まずは情報収集に励んでいることと思います。


既にインターンシップに参加した方も多いかと思いますが、
インターンシップとはまた違った緊張感もあり、


「思ったより、就活って大変...」

そんな、漠然とした不安をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

そこで、皆さんの不安を少しでも解消すべく、
就活のセンパイであり、
皆さんと同じように悩みながら就活をやり遂げた
「河合塾 内定者の皆さん」に聞いた!
就職活動の体験談をご紹介したいと思います。


まずは 『就活必勝法!』
就活で困ったこと、苦労したことをどのように乗り越えたか
今日は【スケジュール管理編】をお届けします!

■スケジュール管理、学業やアルバイトとの両立

→これまで、スケジュール管理をしたことがなかったが、

 手帳やスマホを使い、自分の予定(就活だけではなく、学業やアルバイト、遊びも含む)
 を一元管理した。


→スケジュールを「午前・午後」のざっくりとした括りから「分単位」にしたり、
 「このタスク(ES作成など)は2時間で終わらせる!」と、
 明確に時間を区切るなどして、24時間の使い方を工夫した。
 また「この日はオフ」と決めた日を設け、適度にリフレッシュをしながら、
 モチベーションを維持した。


■就活にかかる費用、交通費など

→就活スタート時、親とじっくり話し合い、まとまったお金を借りるなどした。
 (アルバイトをしながらの就活は、時間の制約が大きく、思ったより大変だったという声も)

→できるだけ交通費を抑えるために、
 個別の会社説明会などは、予約開始時に日程をチェックし、
 遠方での説明会などは極力同じ日にちに行けるよう調整した。

いかがですか?


スケジュール管理は就活成功の為の必須事項!
社会人になってからも必ず必要とされるスキルです。


書店に行くと、時間管理術、スケジュール管理法などのビジネス書が、
数えきれないほど並んでいます。
 

就活生だけではなく、社会で活躍するビジネスパーソンにとっても、
スケジュール管理は永遠のテーマなんですね。
 

それだけに、今のうちに身に着けておくことができれば、
これほど心強いことはありません!

やり切れるか不安...
そう思っている方も多いと思いますが、
先輩達の「打開策」を参考に、ぜひ乗り切ってくださいね!

次回も引き続き、内定者の「就活必勝法」をお伝えします。
お楽しみに。

はじめまして、学校法人河合塾です。

2019年 03月 01日 10:00

就職活動生のみなさん、はじめまして!
学校法人河合塾人事部、採用担当です。


河合塾の新卒採用HPをご覧いただきありがとうございます。
今年の採用ではどんな学生にお会いできるのか、スタッフ一同楽しみにしております。


さて、皆さんは、どのようなきっかけで河合塾のページをご覧いただいているのでしょうか。


「教育業界」に関心をお持ちの方、
「河合塾」に通ったことがある方、
「全統模試」を受験されたことがある方、
勤務地や職種に興味を持っていただいた方もいらっしゃるかと思います。


「河合塾」というと、生徒に授業を教えるのが仕事とイメージされるかもしれませんが、
今回の募集は「講師職」ではなく「総合職」の職員募集です。
詳しくは今後情報提供をしていきますので、是非引き続きチェックしてくださいね。

さて、今回掲載している写真は名古屋市にある河合塾千種校 (ちくさこう)です。
河合塾の本社で、人事部もこの建物内にあります。
内定者懇親会や2020年4月の入塾式もこの建物で行う予定です。
(河合塾では入社式のことを入塾式と呼んでいます!)


ご縁あって河合塾で一緒に働くことになる皆さんには何度かお越しいただく予定ですので、
楽しみにしていてくださいね。


今後、こちらのページでは、内定者や職員の声、仕事紹介 など、
様々な観点から生の声・リアルな情報などをお伝えする予定です。
採用HP限定情報も満載ですので、お見逃しなく。


また、現在採用説明会も予約受付中です!
説明会は選考ではございませんので、
まずは気軽にご参加いただき、河合塾のことを知っていただければと思います。

それでは採用説明会や面接で、みなさんにお会いできることを楽しみにしています!